ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

【新海誠の文学世界】――過去4作の小説で表現された「大丈夫」という言葉の存在/③『小説 君の名は。』

2022年9月21日

  •  世界中のあらゆる人と人の間で起こっているコミュニケーションの本質にあるものは、「大丈夫」を送り合うことではないだろうか。おもに言葉で、それから表情や態度で、「私は大丈夫」「あなたも大丈夫」と励まし合うことで、本当は「大丈夫」ではなかったりする日常生活の礎を築こうとしているのではないか。アニメーション監督である新海誠はみずからの手で、最新作『すずめの戸締まり』の前に4作品を小説化してきた。この4つの小説には、重要な場面で「大丈夫」が顔を出す。その一語の表現の仕方に注目しながら、本稿では『小説 君の名は。』(新海誠/KADOKAWA)をレビューしていく。


    小説 君の名は。
    『小説 君の名は。』(新海誠/KADOKAWA)

     千年ぶりとなる彗星の来訪を1ヶ月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は、自分が男の子になる夢を見る。見慣れない部屋や見ず知らずの友人たちに戸惑うものの、念願だった東京生活をエンジョイし始める。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も、山奥の町で自分が女子高校生になる夢を見ていた。この胸の柔らかな感触は、本当に夢か? やがてふたりは気付く。俺はあの女の子と、私はあの男の子と――夢の中で入れ替わってる!? この設定ならではのギャップから生まれる笑いとときめきを積み上げていった先で、壮大なSFストーリーへと変貌を遂げる。

    続きを読む