ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

ただ睡眠時間を増やすだけではNG! 仕事や家事育児のすきま時間にできる”眠りの質”が高まる習慣を伝授

2022年9月17日

  • パフォーマンスを劇的に変える!快眠習慣
    『パフォーマンスを劇的に変える!快眠習慣』(松本美栄/自由国民社)

     最近、あまり熟睡できていない気がする。睡眠時間はしっかり確保しているのに、なぜか疲れが取れない。歳を重ねると特にそんな悩みに苦しめられることも。


     だが、『パフォーマンスを劇的に変える!快眠習慣』(松本美栄/自由国民社)を手に取れば、解決のヒントが見えてくるかもしれない。


     本書では、睡眠セラピストである松本氏が短い時間でも効率的に質の高い睡眠を取る方法を解説。満足できる睡眠を取るには睡眠時間だけでなく、睡眠の質を高めるセルフケアをしていくことが大切だという。


     一般的に快眠というと夜の「寝つき」や朝の「目覚め」に気が向きがちだが、実は日中の過ごし方も夜の睡眠に繋がっているという。本書では朝、昼、夜の1日を通して快眠に繋がる習慣を解説しているが、この記事では見落としがちな「夜よく眠るための日中の過ごし方」を紹介していこう。


     日中は仕事や家事、育児が忙しいため、セルフケアをすることは難しそうに思えるだろう。だが、過ごし方や仕事のこなし方を少し変えるだけでも夜の睡眠の質は変わるという。例えば、ながら作業やマルチタスクをシングルタスクに変えることも、夜の快眠への第一歩となる。

    続きを読む