ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「人は日常的に、人格や見せたい自分を使い分けて生きている」──真下みこと×柿原朋哉/匿名時代の作家対談

2022年9月22日

  •  人気YouTuber・ぶんけいさんが、本名・柿原朋哉名義で作家デビューを果たした。『匿名』(講談社)は、覆面アーティスト「F」と彼女の歌声に命を救われた25歳の越智友香、ふたりの主人公が織り成す物語。SNSでファンアカウントを作り、“推し”に近づこうとする友香だったが……。匿名を用いてネットの海をさまよいながらも、自分自身の内面と向き合う若者たちの姿を生々しく描き出している。


     そんな柿原さんと先輩作家による対談企画。今回は『茜さす日に嘘を隠して』(講談社)で、作家やミュージシャンとの共作を果たした真下みことさんが登場。ふたりが語る、匿名時代の生き方とは? 互いの作品に対する感想もお見逃しなく!


    (取材・文=野本由起 撮影=干川 修)


    ──おふたりは初対面ですよね。お互いの作品や活動に対して、どんな印象を抱いていましたか?


    柿原朋哉(以下、柿原):真下さんと僕は、担当編集さんが同じ方なんですよね。僕が本を書き始めるちょっと前に、真下さんのデビュー作『#柚莉愛とかくれんぼ』(講談社)が本屋さんに並んでいて。「こんな現代的なテーマを扱っていらっしゃる方がいるんだ」と思ったのを覚えています。

    続きを読む