ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

SNSやYouTubeが無き時代の夏目漱石の言葉から学ぶ、「弱さ」で人を引きつける方法

2022年9月16日

  • 私の個人主義
    『私の個人主義』(夏目漱石/講談社)

    「教科書に載っていない夏目漱石」を再発見したのは、30歳を過ぎてからでした。Kindleで著作権保護期間が終わった古典が大量に無料で読めることを知ってからは、さらに網羅性が上がりました。紹介する『私の個人主義』(夏目漱石/講談社)は、「教科書に載っていた」という少々カタめな夏目漱石への偏見を取り払ってくれた講演録です。


    「現代日本の開化」「道楽と職業」「中身と形式」「文芸と道徳」「私の個人主義」――5つの講演が収録されている本書を読むと「あぁ漱石が生きた時代にはSNSやYouTubeが無かったんだなあ」と実感する方も多いのではないかと思います。「SNSやYouTube無き時代」の小説を読むよりも、講演録のほうがその事実が随所ににじみ出ているのです。


     漱石は毎回各地で冒頭に「本当は今日は講演したくなかったんです…でも喋ります」「実は私なんか講演するに値しないんです…でも話します」というような、ナヨっとした感じを見せる前置きで聴衆をひきつけていることが本書からはわかります。題名にもなっている「私の個人主義」という1914年11月25日に学習院講堂でおこなわれた講演は、「9月に病気をして元々の10月の予定から延ばしてもらったものの、2、3日前からは何を話そうかまとまらなくて絵を描いていた」という話から幕を開けます。

    続きを読む