ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

パリ在住の辻仁成、シングルファザーの日々を綴った3000日間の記録――自立するわが子を見送る親の姿はまぶしい

2022年9月20日

  • パリの空の下で、息子とぼくの3000日
    『パリの空の下で、息子とぼくの3000日』(辻仁成/マガジンハウス)

     作家でありミュージシャンの辻仁成さんが、シングルファザーになってからの日々の記録を綴った書籍『パリの空の下で、息子とぼくの3000日』(マガジンハウス)。この本が、発売から約1カ月で4刷されるほどのヒット作となっている。息子が14歳から18歳になるまでの多感な時期、パリのアパルトマンで2人暮らしをした著者は、息子との暮らしで何を感じていたのだろうか。


    ある夜、子ども部屋を見回りに行ったら、寝ている息子が抱きしめているぬいぐるみのチャチャが濡れていた。(中略)その時、本当に申し訳なく思った。自分が母親の役目もしなきゃ、と思ったのもその瞬間だった。(中略)大きな冷たい家だったので、これはいけないと思い、小さなアパルトマンに引っ越し、ぴったり寄り添ってあげるようになる。


     この冒頭の文章は、まだこの本に2人暮らしの記録が刻まれる前の話。著者が息子と寄り添って暮らしていこうと決意した時の気持ちが綴られている。当時、まだ10歳だった息子は、著者がシングルファザーになったとき、心を閉ざしてしまったそうだ。その時の絶望感をいまだに忘れられない、と著者は語る。まだこんなに幼い子どもが隠れて大泣きするとは、親としてどんなに悲しいことか、想像に難くない。引っ越しをしてまで暮らしを変えよう、と一念発起するには十分な理由だったと思う。

    続きを読む