ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

のちにレジェンドとなる昭和の若き漫画家たちを描いた『まんが道』。彼らの歩みが令和を生きる私たちに教えてくれること

2022年9月21日

  • まんが道
    『まんが道』(藤子不二雄(A)/小学館)

     2022年夏、懐かしいTVドラマを再放送していた。漫画家を目指して富山県高岡市から上京したふたりの青年の物語『まんが道』(藤子不二雄(A)/小学館)を原作にしたドラマである。1986年放送の作品なので映像はさすがに時代を感じさせるものだったが、若きクリエイターたちの青春と成長を描くストーリーには普遍的な魅力があると感じ、久しぶりに原作を読み返した。


     本作は藤子不二雄(A)氏の自伝的作品。今でいえばコミックエッセイといってもいいかもしれない。藤子不二雄(A)氏と、1987年まで「藤子不二雄」としてコンビを組んでいた藤子・F・不二雄氏をのぞき、登場人物の多くは実名。内容の多くもノンフィクションで、戦後日本漫画史の貴重な記録ともいえるだろう。後に一流となるクリエイターたちが共同生活を送る……昭和の時代に、実際にあった物語だ。


     漫画を描くことが生きがいの高校生・満賀道雄(まがみちお)は、同じく漫画を描いている才野茂(さいのしげる)と出会った。ふたりは漫画の神様・手塚治虫を師と仰ぎ、合作で漫画を描くようになる。

    続きを読む