ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

ネット時代の物語を紡ぐ歌い手・そらるの初小説『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』が11月22日発売!

2022年9月21日

  •  11月22日(火)に、歌い手・そらるの初小説『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』が発売される。


    『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』(そらる/KADOKAWA)

     雑誌『ダ・ヴィンチ』2020年8月号から2022年3月号まで、およそ1年半にわたり連載された『小説 嘘つき魔女と灰色の虹』がついに単行本化。


     舞台はすべてが灰色に染まった“イロ”のない世界。唯一イロを見ることができるのは“魔法使い”だけ――。鮮やかな世界に憧れを抱く少年・ルーマと魔女・イリアの出会いが “イロ”のない世界の運命を変えていくファンタジー小説だ。


     カバーイラストは連載に続き、『蜘蛛ですが、なにか?』のイラストを手掛ける輝竜司が担当している。


     歌で、楽曲で、物語を紡ぎ続けてきた歌い手・そらるの新たなる挑戦となる本書をぜひご一読ください。



    ◆あらすじ
    舞台は”イロ”を失った世界。色彩が見えるのは”魔法使い”だけ――。 鮮やかな世界に憧れを抱く少年・ルーマは、ある日、魔女が住むといわれている森へと向かう。迷い込んだ森で出会ったのは、魔法使いの少女・イリア。二人の出会いが“イロ”のない世界の運命を変えていく――。ネット時代の物語を紡ぐ歌い手・そらるが、自らの楽曲を題材に描くファンタジー冒険譚。

  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る