ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

疲労困憊によるエネルギー枯渇に注意! 自覚しにくい「頭脳疲労」「感情疲労」/家族が「うつ」になって、不安なときに読む本

2022年11月11日

  •  大切な人がふさぎ込んでしまった、苛々して攻撃的になった、まるで別人になってしまった…もし身近な人が「うつ」と診断されたら?


     下園壮太、前田理香著の『家族が「うつ」になって、不安なときに読む本』は、「うつ」と向き合うために知っておきたいポイントを、数多くのカウンセリングを行なってきた著者がわかりやすく解説しています。


     うつは「弱さではなく、単なる疲労」。どんな人でもかかりうる、心の疲労骨折のようなもの。正しく理解することで不安を取りのぞき、「うつ」になった大切な人に寄り添いながら、自分も大切にする方法がわかる1冊です。


     うつ病を発症するケースはさまざまですが、圧倒的に多いのが疲労困憊してしまった場合。自覚しにくい疲労には要注意!


    ※本作品は下園壮太、前田理香著の書籍『家族が「うつ」になって、不安なときに読む本』から一部抜粋・編集しました


    ※症状などは個人差があります。ご了承の上、お読みください。

    続きを読む