ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「子どもが自らむぎゅーとしてきます!」0歳児からの幸せベビーブックが親子の愛着を深め、幸福感をアップ

2022年11月16日

  • 「ぴよちゃん」シリーズ、「パンダたいそう」シリーズなどをはじめ、数多くの赤ちゃん絵本を手掛けてきた作家のいりやまさとし氏。彼の新作ボードブック『だっこ むぎゅー』(KADOKAWA)が、2022年11月16日に発売された。


    「親子でにっこにこ! 親子の愛着を深めるベビーブック」と公式サイトでも紹介されている1冊。同書には、「だっこ!」とおねだりしてくるさまざまな動物の赤ちゃんを、「むぎゅー!」と抱きしめてあげる優しい世界が広がっている。ネコ、サル、ペンギン、クマ、コアラに人間…。いりやま氏の柔らかく温かいタッチで描かれる動物の赤ちゃんのおねだりに、思わず笑みがこぼれてしまうかも?


    だっこ むぎゅー

    だっこ むぎゅー

     もしも同書を読んで赤ちゃんが「だっこして!」と手を広げてきたら、その時は「むぎゅー!」などのスキンシップをとってあげよう。これにより、発達や幸福感によいホルモンが出ると言われているのだ。ちなみにモニター読者からは、「4歳になる姉が、赤ちゃんに『ぎゅー』をやってあげたがっていた」といったエピソードも。

    続きを読む