ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

『ノラネコぐんだん』最新作は『アイスのくに』に次ぐ大スペクタクル? 舞台は海! ノラネコたちの悪だくみは成功するのか…

2022年11月16日

  •  シリーズ累計250万部突破の大人気絵本「ノラネコぐんだん」シリーズ。待望の10作目となる『ノラネコぐんだん うみのたび』が、2022年11月4日(金)に発売され、早くも大きな話題になっているようだ。


     本作を手がけるのは、「ペンギンきょうだい」シリーズや「ピヨピヨ」シリーズなどの生みの親・工藤ノリコ氏。シリーズ第1弾『ノラネコぐんだん パンこうじょう』を皮切りに、これまで『ノラネコぐんだん きしゃぽっぽ』や『ノラネコぐんだん おすしやさん』『ノラネコぐんだん アイスのくに』などの作品を世に送り出し、今年で同シリーズは絵本誕生10周年を迎える。


     そもそもノラネコぐんだんが何者なのかというと、ふてぶてしい表情とずんぐりむっくりな体型が特徴的なノラネコ8匹組。いつも何かしらの悪だくみを企んでおり、ある時はパン屋さんに忍び込み、またある時は回転ずしのレーンを勝手に改造したことも…。しかしどこか抜けているノラネコぐんだんは、いつも小さな間違いから失敗に終わってしまい、愛らしく憎めないキャラクターなのだ。「今回こそ成功か!?」と読者を期待させつつ、最新刊ではどんな展開が待ち受けているのだろう。

    続きを読む