ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「あなたのままで生きていけ」男尊社会を生きる女性たちに、元Domani副編集長が送る熱いエール

2022年11月17日

  • 男尊社会を生きていく昇進不安な女子たちへ
    『男尊社会を生きていく昇進不安な女子たちへ』(下河辺さやこ/主婦の友社)

     ジェンダー平等、女性活躍が声高に叫ばれたって、今の社会はまだまだ女性の立場が弱い。「女性にはかなわない」「女性はすばらしい」と女性をほめる男性の言葉にも、その裏に男性のゆるぎない優越感が微妙に見え隠れしたりする。そんな現在は、「女卑」まではいかないものの「男尊」社会――テレビ番組『それって!?実際どうなの課』でも人気の「できる女」、元Domani副編集長の下河辺さやこさんは、著書『男尊社会を生きていく昇進不安な女子たちへ』(主婦の友社)で、現代社会をそうぶった切る。そして残念ながらそういう社会だと自覚した上で、どう立ち回れば本当に活躍できるのか、実際に長く闘ってきたからこそみえてくる知見を総動員して、後輩女性たちに本音のアドバイスをするのだ。


     数々の女性誌の副編集長を歴任してきた下河辺さんは現在も小学館の会社員。そのため本書は「会社という男社会の中でどう生きるか」が大きなポイントとなっている。たとえばそれは、男性たちから「女だから」と決めつけられるバイアスと闘う方法だったり、ゴルフや接待などが重視される男のルールの中で仕事をするコツだったり(たとえば誘いを断るときには「すみません」の代わりに「残念です」を使えば、「また誘うか」と前向きな関係を維持できやすい、など具体的だ)、さらには部下を育てる立場になったときに気をつけたいことだったり…。自分を大切にしつつ、周囲と気持ちいい関係を築く「考え方」や「心配り」のコツが具体的に紹介されているので、大いに参考になるだろう。

    続きを読む