ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

実力派新人作家が紡ぐ、中華後宮×ミステリ×シンデレラ・ストーリー『後宮の花詠み仙女 白百合は秘めたる恋慕を告げる』

2022年11月18日

  • 後宮の花詠み仙女 白百合は秘めたる恋慕を告げる
    『後宮の花詠み仙女 白百合は秘めたる恋慕を告げる』(著:松藤かるり、イラスト:秋鹿ユギリ/KADOKAWA)

     人が多くのものを見て生きているように、そこにある物や植物もまた、その地で起こる様々なものを見ているかもしれない――。『後宮の花詠み仙女 白百合は秘めたる恋慕を告げる』(著:松藤かるり、イラスト:秋鹿ユギリ/KADOKAWA)は、思わずそんなことを考えてしまう、花の記憶を読む「華仙術師」の少女を描いた中華後宮ファンタジー。


     本作品は、第20回角川ビーンズ小説大賞<優秀賞&読者賞>受賞作。著者である松藤かるり氏は、新人でありながら、同時期に角川ビーンズ小説大賞を含む3つのコンテストでの受賞を果たした実力者。中華後宮×ミステリ×シンデレラ・ストーリーという、肉厚で読み応えのあるストーリー展開に、早くも注目が集まっている。


     この物語の主人公は、髙(こう)の山奥にある華仙一族の隠れ里で暮らしていた少女・華仙紅姸(かせん こうけん)。仙術を使う華仙一族は、かつては皇帝に重宝され、髙の中心にある都「集陽(しゅうよう)」で暮らしていた。しかし歳を重ねるにつれて帝が仙術を憎むようになり、仙術師狩りが行われるようになったのだ。結果、この華仙一族は命からがら逃げるように、山に身をひそめることとなった。そのため、華仙一族はこの力を忌み嫌っている。

    続きを読む