ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

優しくて、ゆっくりとしたふたりの空気が心地いい『隣の席の、五十嵐くん。』/斉藤朱夏のしゅか漫画⑪

2022年11月19日

  • 本屋さんに行って、隅々まで本棚を確認して気になるものを探すのも好きだけど、電子書籍でしか掲載されていない漫画を探すのも大好き。


    最近は電子書籍でも漫画を買うことが多くなった私。
    移動中に手軽に読めるのはやっぱりいい、時代はこうして変化していくんだろうなって思う。


    今回紹介するのは、各電子書籍サイトで連載中の『隣の席の、五十嵐くん。』(瞳ちご、ひなた/Bコミ)だ。


    スクールカースト上位の賑やかな男の子や派手な女の子がちょっと苦手な、クラスの隅っこにいる大人しめな女の子・今井椿。新学期のクラス替え、隣の席になったのは大柄で不愛想でちょっと怖い感じの学校の有名人・五十嵐くん。
    一緒の委員会になり少しずつしゃべるようになったふたり、普通の女の子がゆっくりとちょっとずつ恋をするそんなお話。


    まだ完結しておらずこの物語がどんな風に進んでいくのだろうと、早く続きが気になってしょうがなくなり、読み始めたら時間を忘れるぐらい物語に入り込んでいた。
    椿と五十嵐くんの派手でもなくふたりしかわからない空気が読んでいてとても心地よかった。
    優しくゆっくり流れるその空気が少しいいなぁって羨ましくなる。
    そのゆっくりが、とてつもなくいいのだ。
    一個一個を噛みしめ、初めてがたくさんだから口から心臓が出るぐらいドキドキしたり。
    私なんか……と思っている椿が少しずつ自分を出せるようになる瞬間がグッとくる。

    続きを読む