ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「心のダムが決壊した」最新12巻は予想だにしない展開!? 累計200万部の大人気レトロラブロマン『天堂家物語』

2022年11月17日

  • 天堂家物語
    『天堂家物語』(斎藤けん/白泉社)

     死ぬ時は俺を守って死ね――。策略、謀略が渦巻く天堂家の跡目争いを描いた大人気レトロラブロマン『天堂家物語』。コミックス累計200万部を突破するシリーズ最新12巻が2022年11月4日(金)に発売されたのだが、予想だにしない展開に読者から悲鳴のようなコメントが相次いでいる。


     物語の舞台は、明治維新後の日本。育ての親を病で亡くし、天涯孤独となった娘は、ある日川に身を投げた少女・蘭を助けることになる。彼女は鳳城伯爵家の令嬢で、天堂家令息・天堂雅人のもとへ嫁ぎに行く途中だった。しかし天堂家は今、先代が病に倒れ、血なまぐさい跡目争いの真っ最中。嫁げば命を狙われてもおかしくはない天堂家を恐れて、蘭は川に身を投げたという。


     そこで娘は蘭を逃がすために、彼女の身代わりとなって天堂家へ赴くことに。見ず知らずの蘭のためにここまでする理由は、「人を助けて死にたい」という思いからであった。そんな彼女に興味を持った雅人は娘を側に置き、「死ぬ時は俺を守って死ね」と生きる意味を与える。やがて娘は“らん”として雅人に仕える覚悟を決め、徐々に天堂家の跡目争いに巻き込まれていく。果たして“らん”の運命は如何に…。

    続きを読む