ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

離れたいのに断ち切れない縁がある人へ。対人関係や恋愛、子育てにも影響を及ぼす「母という病」の乗り越え方

2022年11月19日

  • 母という病
    『母という病』(岡田尊司/ポプラ社)

     日常のふとした瞬間で生きづらさを感じると、自分のダメなところ探しをしてしまう。だが、見つめ直す対象を自分の性格ではなく、生育環境に変えてみると、新しい苦しみの解決法が見つかるかもしれない。


    『母という病』(ポプラ社)は、そんなことを教えてくれる一冊だ。著者は精神科医で、医学博士の岡田尊司氏。2012年に単行本、2014年に新書が刊行され、この度、カバーが新しくなったタイミングで、改めてベストセラーとなった本書を紹介する。そんな『母という病』は、母親との歪な関係が生きづらさを生む理由を解説。「母という病」を克服し、不幸の根を断ち切るヒントを授けている。


     母親との関係に悩むことは心理的な問題だと思われやすいが、母子関係は単なる心の問題ではなく、生理的、神経的、身体的レベルにまで影響を及ぼし、人生を大きく左右すると著者は指摘。


     特に、子どもの脳でオキシトシンというホルモンが分泌され、受容体がもっとも増える時期だと言われている、生後1歳半までは母子双方にとって、絆が育まれる、かけがえのない時間。そうした、親に依存するしかない時期に母親から全面的な関心と愛情を向けられなかった場合、世界や自分を無条件に信じることができる「基本的安心感」を育めないのだそう。

    続きを読む