ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

最終章へのずば抜けた構成に衝撃! “不思議系ミステリ”の怪作マンガ

2022年11月18日

  • 外天楼(KCデラックス)
    『外天楼(KCデラックス)』(石黒正数/講談社)

     意表を突かれた忘れられない名作を、誰しも持っているだろう。私にとって、その一つは『外天楼(KCデラックス)』(石黒正数/講談社)。知る人ぞ知るマニア人気の高いコミックだが、特にクリエイターの間ではよく知られた王道人気作品だ。『魔法少女まどか☆マギカ』『化物語』『さよなら絶望先生』などで知られる新房昭之監督が「極上の異世界ミステリですよ! いかがですか、アニプレックスさん!!」と大絶賛するなど、影響を受けたクリエイターは少なくないと思われる。そんな怪作と出会って10年ぶりに、久々、再読してみた。


     皆さんはRPGゲーム「ドラゴンクエスト4」をご存じだろうか。第1章は戦士、第2章は王女と2人のお供、第3章は商人、第4章はジプシー姉妹がそれぞれ章の主人公となり、巨悪の気配に導かれながら物語が繰り広げられる。そして、最終章となる第5章の主人公である勇者のもとに、第1章から第4章のキャラクターが仲間として集い、巨悪の正体に迫っていく。

    続きを読む