ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

太宰治作品の16歳主人公が、なんだか他人事とは思えないことについて

2022年11月18日

  • 正義と微笑
    『正義と微笑』(太宰治)

    「若さ故の過ち」という言葉がある。若いときの失敗は損失が少ない。むしろ、失敗から得られることは多いので、若いうちにたくさん失敗しておくべき、という意見もある。本人にとっては若さからとはいえ恥ずかしいことかもしれないが、その“やらかし”や“はじらい”が、他者にはチャーミングさや魅力に映ることもある。コミックやライトノベルでは、「中二病」でちょっとイタイ、やらかしている主人公が人気だったりする。


     さて、そんな私も中高・学生時代は相当にやらかしており、自分なりの名言(迷言)などをこっそりと小さなメモ帳にしたためたりしていた。そんな学生時代に出会って大いに共感したのが、太宰治の知られざる名作『正義と微笑』だ。


     不吉や不幸、死のイメージをもたれがちな太宰だが、本作はその中でまったく違った顔をもつ佳作だ。まさに中二病でちょっとイタイ系の先駆けともいえる16歳の主人公が、2年間の日々と成長を日記形式で綴っている。日記初日の4月16日、主人公はこのような記述をしている。十分にイタくてチャーミングな魅力が伝わるだろう。

    続きを読む