ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「男らしさ」「女らしさ」の鎖を解き放ち、自分の人生を生きる。心が軽くなる連作短編集『大人は泣かないと思っていた』

2022年11月19日

  • 大人は泣かないと思っていた
    『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな/集英社文庫)

    「男は仕事、女は家庭」という価値観は、今や昔のものになりつつある。とはいえ、「泣くな、男の子だろう」「女のくせに気が利かないな」と、男らしさ、女らしさの枠に人を押し込めようとする風潮は今なお廃れていない。ジェンダーに限らず、「お兄ちゃんだから我慢できるよね」「いい年なんだから落ち着かなきゃ」など、人は“らしさ”で他人や自分を縛りたがるもの。寺地はるなさんの『大人は泣かないと思っていた』(集英社文庫)は、そんな“らしさ”の鎖から心を軽やかに解き放ってくれる連作短編集だ。


     時田翼は、九州の田舎町で大酒呑みの父とふたりで暮らす32歳の農協職員。趣味は菓子作りだが、父はそんな翼に対し「男のくせに」と苛立ちを隠さない。職場に行けば、大差ない田舎者同士で「おまえんちのほうが田舎」とマウンティングが始まり、宴会では上司が女子にお酌を命じるというプチ地獄。翼も、「九州の男が酒も飲めないとは情けない」となじられる始末だ。だが、こうした翼の日常が、夜の庭に現れた“ゆず泥棒”との出会いで動き出し……。

    続きを読む