ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

鉄を鍛えて刀をつくることは、自らの心を鍛えること――刀鍛冶の世界に飛び込んだ少年の再生と青春を描く感動作『青の刀匠』

2022年11月24日

  • 青の刀匠
    『青の刀匠』(天沢夏月/ポプラ社)

     高校生コテツの日常は、突然の火災事故によって一変する。父親は重傷を負って意識不明となり、コテツ自身もひどい火傷を負ってしまう。そんな彼を引き取ったのは、遠縁にあたる老婦人の剱田かがりだった。実は彼女は日本唯一の女性の刀鍛冶であり、コテツはその弟子となる――。


     今年で作家デビュー10年目を迎えた天沢夏月氏。部活動小説というジャンルを確立させた一方で、せつなさに充ちた恋愛小説家としても人気を博している。思春期の心のゆれと、その爆発。部活や恋愛というテーマと添わせて数々の青春小説をものしてきた氏が、新作『青の刀匠』(ポプラ社)で扱うモチーフは「刀鍛冶」だ。この一風変わった題材からして、わくわくさせられる。


     主人公は、心身ともに傷ついた17歳の少年コテツ。『海が走るエンドロール』(秋田書店)の漫画家、たらちねジョンさんが装画を手がけた表紙のコテツのまなざしが強い印象を放っている。

    続きを読む