ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「世の中の運用商品の99%以上は検討に値しないクズ」。投資の不都合な真実に切り込んだ山崎元氏の「幸せ」のための人生訓

2024年3月25日

  • 経済評論家の父から息子への手紙: お金と人生と幸せについて
    『経済評論家の父から息子への手紙: お金と人生と幸せについて』(Gakken)

    「世の中の運用商品の99%以上は、はじめから検討に値しないクズ」と切り捨てるなど、金融業界の“不都合な真実”にも切り込み、個人投資家に寄り添った資産運用の解説で人気を集めた経済評論家・山崎元氏。2024年1月1日に65歳で亡くなったことには、SNS上でも悲しみの声が広まった。


     今年から始まった新NISAの制度では、“オルカン”こと「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」が人気を集めているが、このオルカンは山崎氏が「平均投資有利の原則」をもとに長年推し続けていたもの。購入者には、直接的・間接的に山崎氏の教えの影響を受けている人も多いはずだ。


     そんな山崎氏が最期に書き下ろした著作が『経済評論家の父から息子への手紙: お金と人生と幸せについて』(Gakken)。実の息子への手紙が題材になった書籍ということで、株式市場との付き合い方のほか、「最初の仕事の選び方」「自分の人材価値」といったトピックや、はては「モテ」「酒の飲み方」にまで触れられている。資産運用を超えて、人生をサバイブする戦略を綴った本なのだ。

    続きを読む