ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

「鈴木おさむが引退すると聞いて、新しくて面白いなと思った」秋元康が考える“引き際”とは?【インタビュー】

2024年3月17日

  •  ※本記事は、雑誌『ダ・ヴィンチ』2024年4月号からの転載になります。


    秋元康さん
    ©kurigami

     発売中の『ダ・ヴィンチ』2024年4月号では「鈴木おさむと拓く、新しい道」と題した特集を掲載している。その特集のなかから秋元康さんのインタビューを公開する。


    ーーーーーーー


     高校・大学時代から放送作家として活動を始め、作詞家、プロデューサーとして多くのヒットを生み出している秋元さん。鈴木おさむさんとも交流が深く、彼の生き方にも多大な影響を与えてきた。中でも大きかったのは、秋元さんが47歳でAKB48を立ち上げたこと。ブレイクしたのは秋元さんが50歳の頃だったため、「50代をどう生きるか」について考えるようになったという。とはいえ、秋元さん自身は年齢に無頓着。ただ走り続けてきただけだと話す。


    「高校2年生で仕事を始めてからずっと、僕は目の前に好奇心という名のニンジンをぶら下げられた馬のように、ただ全力で走ってきました。ですから、年齢を意識したことはありません。おさむに言われて初めて、『AKB48を作ったのは47歳だったのか』と気づいたくらい。今65歳ですが、僕が生きているうちに完成するかどうかわからないようなプロジェクトをいくつも手掛けています」

    続きを読む