ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

映画版と主人公を変えてドラマ化した『舟を編む』。ドラマ版を楽しむために、原作で描かれた岸辺と馬締を取り巻く物語を再確認!

2024年3月29日

  • 舟を編む
    『舟を編む』(三浦しをん/光文社)

     作家・三浦しをんの小説をもとにした映画『舟を編む』が公開されたのは2013年のこと。辞書編集者として言葉の魅力にのめりこんでいく主人公・馬締(まじめ)光也を松田龍平が朴訥とした雰囲気で演じており、好きな仕事にまっすぐ打ち込む人生とはどんなに素敵だろう…と憧れたものだった。


     2月18日から全10回で放送されているテレビドラマ『舟を編む 〜私、辞書つくります〜』(NHK BS・NHK BSプレミアム4K)では、馬締ではなく、新たに辞書編集部に配属される若手編集者の岸辺みどりが主人公になったという。映画版では、当時、新進気鋭の女優として注目されていた黒木華がフレッシュに演じていたことを覚えているが、岸辺はどんな人物だっただろうか。ドラマの放送を受け、気持ちを盛り上げるためにも、未読だった小説を読んでみることにした。


     小説のなかで、岸辺みどりは中盤あたりから登場する。辞書編集部に配属される前の岸辺は玄武書房の花形部署であるファッション誌に所属しており、8センチのヒールを履き、エルメスの名刺入れを持っているという描写から、流行に敏感で身なりに気を配る女性であることが伝わってきた。つまり、ボサボサ頭で、辞書をつくることに人生のすべてを捧げる馬締とは正反対のタイプだと言えるだろう。華々しいビジュアルと知的な雰囲気をあわせもつ池田エライザが岸辺役をどう演じるのか、期待が膨らむ。ちなみに、小説では時代の先端を走っていたファッション誌が、ドラマでは廃刊する設定に変わっているようで、小説の刊行から十数年が過ぎ、出版業界も変わったものだとしみじみ思う。

    続きを読む