ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

日本トップレベルの基準でも、海外では違法建築? 「冬は家の中も寒くて当たり前」が世界では当たり前ではなかったことを教えてくれる1冊

2024年3月31日

  • 「断熱」が日本を救う 健康、経済、省エネの切り札
    『「断熱」が日本を救う 健康、経済、省エネの切り札』(高橋真樹/集英社)

     ここ数年、SNS上で「日本の家の断熱性能は低すぎる!」という声をよく目にするようになった。


     筆者も昨年まで住んでいた北西向きのマンションも、外に出ると「あれ、家の中より暖かい……?」と思うこともあるほどの寒さだった。見た目はそんなボロいマンションに見えないにもかかわらず、である。


     そんな経験もあって、『「断熱」が日本を救う 健康、経済、省エネの切り札』(高橋真樹/集英社)は非常に気になる1冊だった。


     著者は、高気密・高断熱の省エネルギーで暮らせる“エコハウス”に住んでいる、日本唯一の「断熱ジャーナリスト」。真夏も真冬も10畳用のエアコン1台で過ごせて、月平均の電気代も5000円程度というから驚きだ。


     実際に読んでみると、本書には衝撃的なデータが数多く載っていた。


     まず驚かされたのは、2022年までの日本の基準でトップレベルの断熱性能(断熱等級4)を誇っていた住宅が、イタリア、韓国、ドイツ、イギリスなどでは断熱性能が低すぎて違法建築になる……という話だ(その後、日本でも断熱等級5~7が新設された)。

    続きを読む