ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

定着率が上がる学習法は? 親子で楽しくできる「話す」「書く」の“アウトプット学習”をまとめたメゾット本

2024年3月17日

  • 外に出してどんどん伸びる「アウトプット勉強法」
    『外に出してどんどん伸びる「アウトプット勉強法」』(親野智可等/KADOKAWA)

     子どもに勉強を好きになってほしい。自分から進んで勉強して学力を上げてほしい。小学生の子どもを持つ親なら、そう願う人も多いのでは。でも、「学校や塾で授業を聞くだけ」「ただ教科書を読むだけ」では、じつは学習内容はなかなか定着しない。


     知識を頭にしっかりと残すのに必要なのは、インプットした知識を「外に出す」こと。その勉強法を提案しているのが『外に出してどんどん伸びる「アウトプット勉強法」』(親野智可等/KADOKAWA)だ。教育評論家の親野智可等氏が長年の教師経験から、定着率も高く、親子で楽しくできる「アウトプット学習」の具体的な例を紹介している。


    「勉強」と言われると、授業を聞く、黙って教科書を読む、そして問題を解くといったことをイメージしないだろうか。「聞く」「読む」というのは、「インプット学習」と呼ばれる受け身のもの。この方法では、学習内容の定着率は決して高くなく、5〜10%ほどだという。

    続きを読む