ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

水筒で内臓破裂? 知っていたら回避できる子どもの死。日常に潜む危険に気づける実用系ホラー『わたしの死にかた』〈インタビュー〉

2024年3月31日

  • わたしの死にかた
    『わたしの死にかた』(湖西晶/日本文芸社)

    『意味がわかると怖い4コマ』が大ヒットとなった湖西晶先生の新刊『わたしの死にかた』(湖西晶/日本文芸社)が発売された。全5章で60通りにも及ぶ死にかたを、1人の少女を通して追体験していくことができる内容だ。もしもの時に知っていたら危険を避けられるかもしれない内容ばかり。著者の家族が「学校に置いたほうがいいんじゃない?」と感想をもらしたほどに実用的だ。『わたしの死にかた』に関して湖西先生の想いを伺った。


    ――本の中で1人の少女が何度も色々な死にかたをしています。1人にしていることにはどのような意味があるのですか?


    湖西晶さん(以下、湖西):色んなキャラクターに色々な死にかたをさせる、例えばちょっと金髪のヤンキーっぽい女の子が死んだとした時に、読者側が自分とは違うタイプの人がこういう死にかたをしやすいんだなとか思ってしまうと、やっぱ当事者感が出ない。どんな人だってどんな死にかたするかわからないじゃないですか。だからこそ、1人に絞ったほうがいいのかなと。年齢が産まれてから義務教育の15歳までなのは、保護者がしっかりしろよ!という感じで描きました。

    続きを読む