ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

人類初の花粉症患者が記録されていた! 花粉への憎さがちょっとやわらぐ? 花粉症の人類史

2024年3月23日

  • 花粉症と人類
    『花粉症と人類』(小塩海平/岩波書店)

     執拗なまでのモーニングアタック。絶えず目がかゆく、鼻水はズルズル、ここぞとばかり出るクシャミ……と、春頃はスギ花粉症患者にとって試練の季節だ。本稿筆者も、まさにその一人。今こうして原稿を書きながらも“いっそ目ん玉を取り出してやろうか”と思うほどの目のかゆみ、とどまることを知らない鼻水と戦っている。


     花粉症といえば、現代病のイメージもある。しかし、どうやらそうではないようだ。書籍『花粉症と人類』(小塩海平/岩波書店)は、古くはネアンデルタール人からの人類史上で、私たちがいかにして花粉症と向き合い、戦ってきたのかをまとめた一冊。著者いわく「愛をもって」綴った本書を読むと、花粉への憎さがほんのりやわらぐ……かも知れない。


     地球の誕生は、46億年前といわれる。考古学によると、花粉が生まれたのは大型恐竜が地上を闊歩していたジュラ紀までさかのぼるという。


     花粉が生まれるまで、地球上では石炭の原材料となった、胞子によって繁殖するシダの仲間が地上を席巻していた。しかし、シダ植物には水辺を離れられない宿命がある。やがて裸子植物が誕生すると、植物は花粉により、はるか離れた場所に位置する乾燥した大陸内部にまで進出しはじめた。

    続きを読む