ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

なにわ育ちの国際線CAが教える! ムチャな要求をクレームに発展させない上手な立ち回り方

2024年3月30日

  •  カナダ10年目の国際線CA・Ryucrew(リュークルー)氏。長距離フライト、お客様対応、謎の訓練、海外生活、時差ボケ、運命の出逢い、英会話、異文化交流……etc。知られざるフライトの裏側や自身の体験をまとめた初の著書を上梓しました。座右の銘 “どこに行っても自分らしく”に込めたメッセージを綴ります。


    国際線外資系CAが伝えたい自由へ飛び立つ翼の育て方 当機は“自分らしい生き方”へのノンストップ直行便です
    『国際線外資系CAが伝えたい自由へ飛び立つ翼の育て方 当機は“自分らしい生き方”へのノンストップ直行便です』(Ryucrew / KADOKAWA)

    ※本稿は、『国際線外資系CAが伝えたい自由へ飛び立つ翼の育て方 当機は“自分らしい生き方”へのノンストップ直行便です』(Ryucrew / KADOKAWA)の一部を再編集したものです。


     上司や先輩から理不尽に叱られた経験のある人はいらっしゃるでしょうか。


    「なんで?」と思ったこと、私は何度かあります。


     これは、日本のLCCで働いていたときのことです。その便には4人のフライトアテンダントが乗務して、機内の前方と後方に、2名ずつに分かれて仕事をしていました。私は後方を担当していたのですが、前方を担当していたクルーの人が、割と大きなミスをしてしまいました。私は機内の後方にいたので、現場を目撃しておらず、後になってミスが起こったことを知ったため、何も対応することができませんでした。

    続きを読む