ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

40キロ痩せて彼氏が出来たら幸せになれると思ってた… “女の幸せ”に囚われ、苦しめられた女性の実体験

2024年7月1日

  • “ルッキズム”、人を見た目で評価する「外見至上主義」が話題になっている。見た目で人を差別する考え方は間違っていると世界中でルッキズムを見直す動きが進んでいるが、日本にはまだまだその考え方が根深く残っているのが現実だ。自分らしく生きているだけなのに他人から外見をバカにされ、傷ついた経験がある人も多いのではないだろうか。


    『40キロ痩せても幸せになれなかった話』(やじまり/祥伝社)は、外見をバカにする男性の言葉に傷つきダイエットで40キロ痩せた作者・やじまりさんの実話を元にしたコミックエッセイだ。本作ではダイエットに成功したのに「幸せになりたい」と思うあまり本質を見失ってしまい、幸せになれなかった作者の経験が描かれている。やじまりさんと同じように外見をバカにされて悩んだことがある人は、1度本作を手に取ってみてもらいたい。


     やじまりさんは、幼いころから食べることが大好きだった。中学生になってからは好きなだけお菓子を食べたうえで夕食もしっかり食べていたので、制服のスカートがはけなくなるほど太ってしまった。太ったことは気にしないまますごしていたものの、女子校の友だちに彼氏ができたことで異性との付き合いに憧れを抱いていく。そして、彼氏という存在に憧れながら自動車教習所に通ったことがきっかけで、やじまりさんは自分の体型を意識するように。

    続きを読む