ダ・ヴィンチWeb - ワラウ

心の中で過去に戻っている認知症の高齢女性。大人になった娘を他人と思い込み…/消えていく家族の顔

2024年7月10日

  •  認知機能が低下し、日常生活や社会生活に支障が出る認知症。家族の顔さえも忘れてしまうという、認知症当事者の気持ちを想像できるでしょうか?

     現役ヘルパーの筆者が描く主人公は認知症患者。アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、若年性認知症など、さまざまな認知症患者が登場し、その心を紡ぎます。

     徘徊、せん妄、失禁、幻視、暴力、抑うつ…。その時、認知症患者が抱えている思いとは――。『消えていく家族の顔 ~現役ヘルパーが描く認知症患者の生活~』にて、その気持ちをのぞいてみませんか?

    ※本作品は『消えていく家族の顔 ~現役ヘルパーが描く認知症患者の生活~』(吉田美紀子/竹書房)から一部抜粋・編集しました


    この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。


    消えていく家族の顔

    消えていく家族の顔

    消えていく家族の顔

    消えていく家族の顔

    消えていく家族の顔

    消えていく家族の顔
  • スタンプを獲得するには、一度 ワラウ を経由してください

    記事一覧に戻る